人肌恋しい時は必ず風俗へ行く私の風俗体験談です。

人肌恋しい時は風俗直行!

風俗嬢の絶妙なテコキで肉棒が復活した

定期的に性欲処理ができたら精神的にも落ち着くしすごくいいと思う。でも、自分でする性欲処理では必ず刺激に慣れてしまい飽きが来るので、うまく精液を発射できなくなる時があるんだ。俺の場合、毎日のようにオナニーをやりまくっていたらいつの間にか肉棒があまり反応しなくなって、最終的にはデリヘルを利用して風俗嬢にちょっと変わった刺激を与えてもらった。初めはなかなか素直に反応しなかった肉棒だったけど、風俗嬢の絶妙な刺激ですぐにカッチカチに硬くなり彼女の手の中で思いっきり発射することができた。このことがきっかけになって、よい人生を送るために風俗へ行くようになった。肉棒がイマイチ反応しなくなったときにはデリヘルに電話をかけて前回の風俗嬢を指名して気持ちよくしてもらっていた。俺が肉棒をシコシコしてもあまり反応しないのに、彼女が絶妙な力加減でシコシコすると一気にフル勃起する。何というか、人の体って本当に不思議だなって思うけど、やっぱり適度に刺激のリフレッシュも必要ってことなんだろうな。

お気に入りの風俗嬢がやめてしまった

お気に入りの風俗嬢ができてから毎日のようにデリヘルを利用していた。ただ、俺の場合は相当無理をしてお金を使っていたのである時をきっかけにデリヘルを利用できなくなった。単純にお金が無くなり借金もあったので、とにかく仕事を詰めて頑張って働きまくった。本当ならこんな状態にならないように計画的に金を使わなきゃいけないんだけど、大好きな風俗嬢に毎日会いたかったし彼女のテクで気持ちよくなりたかったから無理をしたんだと思う。でも、本当にお金がパンクする前だったので半年間頑張って働いたら再びデリヘルを利用できるくらいまで回復した。ただ、残念なことにお気に入りの風俗嬢がやめていた。もしかしたら俺の事を気にして彼女は仕事をやめてしまったのかと思いすごく後悔した。やっぱり、女の子と遊ぶためにはお金が必要だし絶対に無理をしてはいけないなと思った。今では違うお気に入りの風俗嬢を見つけ楽しんでいるけど、決して無理だけはしないようにしている。